口の後遺障害について

交通事故に遭うと、口に後遺障害が残ることがあります。例えば、固い物が食べられなくなったり、言葉を話せなくなるなどの障害が残るため、非常に不自由を感じることになります。

今回は、口に関連した後遺障害について、解説します。

 

1.咀嚼(そしゃく)障害

口の後遺障害の1つに、咀嚼障害があります。

咀嚼障害とは、食べ物を噛み砕く能力に関する障害のことで、以下の3つの段階に分けられています。

  • 咀嚼機能を廃したもの

流動食以外の食べ物を食べられなくなった状態をいいます。

  • 咀嚼機能に著しい障害を残すもの

おかゆやそれに準じるもの以外を食べられなくなった状態をいいます。

  • 咀嚼機能に障害を残すもの

固形の食べ物の中に、咀嚼できないものがある場合や十分に咀嚼できないものがある状態をいいます。

 

2.言語障害

言語障害とは、言葉を発音することに支障が生じる状態のことをいいます。

言語障害があるかどうかは、以下に記載した4種類の語音を発音できるかどうかによって判断されます。

口唇音:ぱ行、ば行、ふ、ま行、わ行の音

歯舌音:さ行、しゅ、し、ざ行、じゅ、た行、だ行、な行、ら行の音

口蓋音:か行、が行、ぎゅ、にゅ、ひ、や行、んの音

喉頭音:は行の音

 

以上を前提に、言語障害は次の3つの段階に分けられます。

 

  • 言語の機能を廃したもの

上記4種類の発音方法のうち、3種類以上ができなくなった場合です。

  • 言語の機能に著しい障害を残すもの

上記4種類の発音方法のうち、2種類ができなくなった場合か、または綴音(異なる種類の語音の発音)に障害があって、言語による意思疎通ができない場合を言います。

  • 言語の機能に障害を残すもの

上記4種類の語音のうち、1種を発音できなくなった場合です。

 

3.咀嚼障害、言語障害で認定される後遺障害の等級

咀嚼障害や言語障害が残った場合、以下のとおりの後遺障害等級が認定されることになります。また、各等級の横に記載してある金額は、後遺障害慰謝料のおおよその目安です。

1級2号  咀嚼及び言語の機能を廃したもの   2800万円

3級2号  咀嚼または言語の機能を廃したもの  2219万円

4級2号  咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの 1889万円

6級2号  咀嚼または言語の機能に著しい障害を残すもの 1296万円

9級6号  咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの 616万円

10級3号 咀嚼または言語の機能に障害を残すもの 461万円

 

4.歯牙の障害

口に関する後遺障害には、歯牙の後遺障害も含まれます。

歯牙の後遺障害は、歯科補綴が行われた歯の本数に応じて認定されることになっています。歯科補綴とは、歯がなくなったり、大きく欠損したりした場合に、歯科医院で適切な治療を受けることです。認定される後遺障害等級と後遺障害慰謝料は以下の通りです。

 

10級4号 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 461万円

11級4号 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 331万円

12級3号 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 290万円

13級5号 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 139万円

14級2号 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの 110万円

 

部位別の後遺障害一覧はこちら

http://daichi-lo.com/category/buibetu