眼(目)の後遺障害について

交通事故に遭うと、身体のいろいろな場所に後遺障害が残ることがあります。中でも目に後遺障害が残ると日常生活や仕事への支障も大きいです。

目の後遺障害と言っても、内容はさまざまなので、今回は、目の後遺障害の種類と等級について解説します。

1.目の後遺障害の種類

目の後遺障害には、いくつかの種類があります。

代表的なものは、次のものです。

  • 視力障害
  • 調節障害・運動障害(注視野・複視)
  • 視野障害
  • まぶたの障害

以下で、それぞれについて説明します。

2.視力障害

視力障害とは、交通事故で目をけがすることにより、視力が低下する後遺障害です。

失明した場合も視力障害に含まれます。

視力障害が生じたと認められるためには、眼鏡やコンタクトレンズなどで矯正しても視力が低下していることが必要です。眼鏡やコンタクトレンズなどの器具によって矯正ができる場合には、視力障害は認められません。

視力障害の後遺障害の等級は、どこまで視力が低下したのか及び、障害が両眼または片眼に発生したのかによって、異なります。

視力障害が残った場合、視力障害の程度に応じて、1級から13級までの後遺障害が認定されます。たとえば、両眼が失明したらもっとも重い等級である1級となります。片眼のみの失明であれば8級になります。

3.調節障害、運動障害

交通事故によって、目の調節機能や運動機能が低下することもあります。

調節機能については、事故前と比較して調節力が2分の1以下になった場合、運動機能については眼球の注視野が2分の1以下になった場合に「著しい調節機能(運動機能)」の低下となり、後遺障害が認定されます。

等級は、両眼に著しい調節障害または運動障害が起こったら11級、片眼に著しい調節障害または運動障害が起こったら12級です。

また、眼球の運動障害の結果、複視が生じることがあります。複視の有無は、ヘススクリーンテストで確認します。テストの結果、正面視で複視があれば10級が、正面視以外で複視があれば13級が認定されます。

4.視野障害

視野障害とは、視野が狭くなってしまう症状のことです。

視野は、前の1点を見つめているときに見える範囲のことですが、その範囲が小さくなると、その度合いに応じて視野障害が認定されます。

具体的には、半盲症や視野狭窄、視野変状が起こった場合に後遺障害となります。

ゴールドマン型視野計によって計測し、8方向の視野の角度の合計が正常視野の60%以下になる必要があります。

後遺障害等級は、両眼に視野障害が起こったら9級、片眼のみに視野障害が起こったら13級です。

5.まぶたの後遺障害

交通事故でまぶたにけがをした結果、まぶたが欠けたり、うまく動かせなくなったりすることがあります。このように、まぶたが欠損したり運動障害が発生したりした場合にも後遺障害が認定されます。

まぶたの欠損の場合、程度に応じて9級から14級までの後遺障害が認定されます。

まぶたを閉じた時に角膜を完全に覆えない場合を「著しい欠損」と呼びますが、これが両眼のまぶたに生じた場合は9級が認定されます。また、まぶたを閉じた時にしろめが露出する場合を「一部の欠損」と呼びますが、これが両眼のまぶたに生じた場合は13級が認定されます。

まぶたの運動障害とは、開眼時に瞳孔を完全に覆ってしまう状態、または閉眼時に角膜を完全に覆えない状態をいいます。両眼に著しい障害が起こった場合に11級、片眼に著しい障害が起こった場合には12級が認定されます。

 

以上のように、目の後遺障害にはいろいろな種類があります。交通事故により目が不自由になった場合には、確実に後遺障害の等級認定を受けましょう。

 

部位別の後遺障害一覧はこちら

http://daichi-lo.com/category/buibetu