後遺障害等級1級に認定される症状

交通事故による後遺障害の中でも、1級に該当する後遺障害は、最も重篤なものです。
ここでは、1級に該当する症状はどのようなものなのか説明したいと思います。また、認定条件や慰謝料についても解説します。

後遺障害認定1級に認定される症状の種類

後遺障害1級と認定される症状は、大きく「要介護のもの」「要介護でないもの」の2種類に分類されます。さらに、要介護のものは2種類、要介護でないものは6種類に細分化され、それぞれ該当する症状が異なります。
ちなみに、1級に該当する場合は、「労働能力を完全に失っている(労働能力喪失率100%)」ことが共通点です。

後遺障害認定1級の症状(要介護)

○1号…神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し常に介護を要するもの
○2号…胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

後遺障害認定1級の症状(要介護でないもの)

○1号…両目が失明したもの(眼球の喪失、失明、矯正後視力が0.01未満の場合)

○2号…咀嚼および言語の機能を廃したもの
・咀嚼機能は流動食しか食べられない程度を指す
・言語機能は以下の発音ができない場合を指す
咽頭音(いんとうおん):は行
口蓋音(こうがいおん):か行、が行、や行、ひ、にゅ、ぎゅ、ん
口唇音(こうしんおん):ま行、ぱ行、ば行、わ行、ふ
歯舌音(しぜつおん):な行、た行、だ行、ら行、さ行、しゅ、ざ行、じゅ

○3号…両上肢を肘関節以上で失ったもの

○4号…両上肢の用を全廃したもの
・両腕は存在しているものの、肩から下が動かない
・もしくは可動域が10%以下になった場合
・動かなくなった理由は麻痺・硬直のどちらでもかまわない

○5号…両下肢をひざ関節以上で失ったもの

○6号…両下肢の用を全廃したもの
・足自体は存在しているが動かない、もしくは可動域が10%以下に落ちている

後遺障害1級の慰謝料基準

後遺障害1級の慰謝料には、「自賠責基準」と「弁護士基準」の2通りがあります。後遺障害1級の慰謝料は、その症状の深刻さから高額となるのが通常です。ですが、どちらを選ぶかによって、1000万単位で慰謝料が変動することも珍しくありません。自賠責基準のほうが圧倒的に金額が低いため、適切な慰謝料を認めてもらうためには、弁護士への依頼を検討すべきでしょう。

●要介護のもの
・自賠責保険の上限額…4000万円
・自賠責保険の慰謝料額…1600万円
・弁護士基準の慰謝料額…3000万円前後

●要介護でないもの
・自賠責保険の上限額…3000万円
・自賠責保険の慰謝料額…1100万円
・弁護士基準の慰謝料額…3000万円前後

「被害者請求」で適切な慰謝料を

後遺障害1級の症状は重篤であるため、被害者だけでなく、その家族にも、大きな負担を強いることになります。
まず重要なのは、早い段階でまとまった資金を手に入れることだと思います。経済的に一息つける状態を作り、後々の生活や介護の環境を整えるためには、資金が必要なのです。早期にまとまった資金を入手する手段として、「被害者請求」を活用することが重要です。

通常、後遺障害認定の手続は、加害者側の保険会社が行います。これを被害者自身が行うのが被害者請求です。被害者請求を行えば、早期に自賠責保険金を受け取れます。
ただし、被害者請求にはさまざまな書類の入手・整理が必要なため、交通事故に強い弁護士に依頼すべきでしょう。特に、不十分な資料しか入手できなかったため、本来は1級のはずなのに、2級になってしまったなどという事態を避けるには、詳しい弁護士に依頼する必要があります。

専門知識を持った弁護士に依頼して被害者請求を行い、まとまった資金を入手した上で、じっくりと次の戦略を考えていくべきです。