弁護士費用特約の使い方

はじめに

 

当事務所にお寄せいただいたご質問にお答えしています。

 

運転免許を取得し車の購入を検討しています。親からは保険に加入するときは弁護士費用特約も付けた方がいいと言われています。まだ免許を取り立てて保険料も決して安くないのでオプションをあまりつけず、できるだけ費用を抑えたいのですが、弁護士費用特約は本当に必要な特約なのでしょうか。

 

 

「弁護士費用特約」は、ほとんどの任意保険で付け加えることができるようになりました。そして、実際に、任意保険に加入している人の約7割が弁護士費用特約を申し込んでいるというデータもあります。ここでは、任意保険会社が設定している弁護士費用特約の使い方について詳しく説明します。

 

 

万が一のトラブルの時に頼りになる弁護士

弁護士費用特約は、民間の保険会社が販売する保険商品にオプションで付けられる特約です。これを付けていると、交通事故の被害に遭って、加害者に対する損害賠償請求の対応を、弁護士に依頼する場合、弁護士に支払う必要がある着手金や報酬金などを、保険会社が一定額まで支払ってくれます。このため、対応に困った場合に弁護士に依頼しやすくなります。

 

弁護士は、交渉事のプロフェッショナルです。交通事故における自賠責保険請求の書類の準備や損害賠償請求の手続など、被害者が一人ですべてを行うには限界があります。そのようなとき、交通事故に詳しい弁護士に相談しながら交渉や手続きを進めていけるので、事故で精神的に落ち込んでいる被害者にとっても心強い存在となるのです。

 

 

年間数千円程度払うだけで保険会社負担で弁護士に依頼できる

弁護士費用特約があれば、通常、保険会社が300万円まで弁護士費用を負担してくれます。このため、弁護士に依頼しやすくなるのが一番のメリットと言えるでしょう。

そして、一般的な事故であれば、弁護士費用が300万円を超えることはほとんどありません。年間で数千円程度のオプショナル契約ですので、申し込みを前向きに検討することをおすすめします。

 

弁護士費用特約が使えないケース

次のようなケースについては、弁護士費用特約が使えないことがあるので、注意が必要です。

・酒気帯び運転・無免許運転・麻薬等の影響により正常な運転ができないおそれあがる状態で運転していたときに生じた事故

・台風や洪水などの自然災害によって生じた事故

・加入者の故意または重大な過失によって起きた事故 など

詳しくは、ご自身が加入する保険約款を確認してみましょう。

 

 

弁護士に相談する前に加入する保険会社に連絡を

交通事故の被害に遭い、保険会社の弁護士費用特約を使いたいときは、弁護士に相談する前に必ず保険会社に連絡しておきましょう。自らの判断で弁護士を選任したり、契約を結んだ後に保険会社に連絡しても弁護士費用特約の利用を断られる可能性もあるためです。利用前に必ず保険会社に連絡することを忘れないようにしましょう。

 

 

依頼する弁護士は自分で選べる

弁護士費用特約を使って弁護士に依頼する場合、保険会社が弁護士を紹介してくれるケースもあります。

しかし、保険会社が紹介する弁護士に依頼しなければ弁護士費用特約を使えないわけではありません。自分が探した弁護士に依頼したとしても、問題なく弁護士費用特約を使えますので、ご安心ください。