適切な逸失利益と慰謝料について

 

当事務所にお寄せいただいたご質問にお答えいたします。

 

夫と車で移動中に速度超過の車に追突されました。夫は死亡し、私は通院中ですが、後遺症が残る可能性が高いと医師から言われています。死亡したときと後遺症が残ったときで逸失利益と慰謝料にはどのような差が出てくるのか、詳しく教えてください。

 

逸失利益は、死亡した場合と後遺症が残った場合で金額が大きく異なります。慰謝料にもある程度の相場がありますが、こちらも被害状況によって金額が変わってきます。ここでは、適切な逸失利益と慰謝料の概要について説明します。

 

 

将来的に得られるはずだった収入を失う「逸失利益」

事故の被害に遭わなければ、仕事を続けて将来にわたって収入を得られるはずだという方が多いと思います。しかし、事故によって死亡したり、後遺障害を負ったため、働くことができなくなったり、働くことに支障が生じてしまうことがあります。この場合に、収入を失ったり、収入が減ったりした場合に被った損失のことを「逸失利益」といいます。

 

被害者が事故で死亡した場合、生存していれば得られたはずの収入が逸失利益にあたります。事故に遭わなかった場合に、被害者がどれくらい生存し、どれくらいの収入を得られたのかを正確に知ることは不可能です。そこで、死亡による逸失利益は、就労期間や収入額を経験則に基づいて算定します。

 

後遺症による逸失利益とは、将来にわたって得られたはずの収入を後遺障害が残ったことによって失ってしまったことによる損失のことをいいます。どの程度の後遺障害が残り、どれくらいの期間にわたって、どの程度の労働能力が喪失されたかを基礎に計算していきます。

 

 

慰謝料は相場がある

慰謝料は、事故によって被った精神的苦痛を慰謝するために、その精神的苦痛を金銭に換算したものです。逸失利益とは違い、被害者の被害状況などによって、慰謝料にはある程度の相場が設けられています。

 

後遺症が残ってしまった場合、後遺障害等級の認定を受けられれば、後遺障害慰謝料の請求ができます。後遺障害等級は、障害の程度によって114級に別れていますが、この後遺障害等級に応じて、後遺障害慰謝料の金額の相場が決まっています。例えば、後遺障害等級14級に認定された場合の慰謝料は90110万円程度とされており、後遺障害等級が重くなるごとに慰謝料も段階的に上がっていきます。

 

これに対し、死亡慰謝料は被害者の家庭内での立場によって金額が異なっています。

    一家の支柱 2800万円

    一家の支柱に準ずる者 2500万円

③その他 2000万~2500万円

「一家の支柱」とは、当該世帯が主に被害者の収入によって生計を維持していることをいいます。「一家の支柱に準ずる者」とは、家事をする主婦や養育が必要な子を持つ母親、高齢な父母や兄弟を扶養または仕送りをしている独身者などがこれに該当します。

 

慰謝料はこのような一定の基準をもとに算出されています。しかし、これらはあくまで裁判になったときに認められる可能性がある金額であり、保険会社との示談交渉の段階ではこれよりも低い金額を提示されてしまうことが多いです。

 

 

保険会社が提示する示談金は低く設定されている

逸失利益も慰謝料も、計算方法を理解していれば、自分で計算することが可能です。ですから、示談前の段階でも、金額の想定はできるのですが、保険会社は低い金額を提示してくるはずです。

 

そのようなときは、その場で示談書にサインせず、返事を保留にして交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。弁護士が示談交渉を代行した結果、示談金額を引き上げてもらうことができたケースは数多くあります。

 

また、逸失利益や慰謝料の計算について分からないことがある方、自分の場合はどれくらいの金額になるのか知りたいという方からのご相談も受け付けています。お気軽にお問い合わせください。