自賠責保険の慰謝料、振り込まれる時期は?

交通事故に遭ってしまうと、ケガの治療や通院などで、満足に仕事ができない期間が続きます。そのため、一刻も早く慰謝料が振り込まれることを望む方は少なくないでしょう。では、慰謝料は一体どのくらいで振り込まれるのでしょうか。今回は、自賠責の慰謝料が振り込まれる時期について解説します。

自賠責保険の慰謝料支払いを求められる時期は?

まず、慰謝料の支払いを求められる時期について知っておきましょう。自賠責保険は、通院が終了していれば、いつでも支払いを求められます。ただし、通院終了前でもあっても仮払いを受けることが可能です。
この仮払いですが、正確には「仮渡金制度」と呼びます。

○仮渡金制度の概要
・死亡者1人にあたり290万円

・以下の傷害を受けた者1人につき40万円
脊柱の骨折で脊髄を損傷したと認められる症状を有する場合
上腕又は前腕骨折で合併症を有する場合
大腿又は下腿の骨折
内臓破裂で腹膜炎を起こした場合
14日以上入院を要する傷害で30日以上の医師の治療が必要な場合

・以下の傷害を受けた者1人につき20万円
脊柱の骨折
上腕又は前腕の骨折
内臓破裂
入院を要する傷害で30日以上の医師の治療を必要とする場合
14日以上の入院を必要とする場合

・11日以上の医師の治療を要する傷害を受けた者1人につき5万円

これを見てわかるように、正確には慰謝料ではなく「治療費」として支払われます。

自賠責保険の慰謝料が振り込まれる時期は?

実際に自賠責保険の慰謝料が振り込まれるタイミングは、「加害者請求」と「被害者請求」で異なります。ちなみに加害者請求とは、加害者側の保険会社に慰謝料の請求手続きを任せる方法です。また、被害者請求は被害者自ら賠償を請求する方法を指します。
これは、自動車損害賠償保障法15条、および16条に規定されており、加害者請求を「15条請求」、被害者請求を「16条請求」と呼ぶこともあります。

ではいつ振り込まれるのかというと、

・加害者請求⇒任意保険の示談が終わり、示談金が支払われるタイミング=数か月~1年程度
・被害者請求⇒必要書類を提出してから1か月強

というケースが多いでしょう。つまり、被害者請求のほうが振り込みまでの時間が短いことになります。ちなみに被害者請求は、弁護士に依頼して行うこともでき、請求の労力や手間を削減できることが特徴です。

振り込みが早い被害者請求は弁護士に依頼を

このように、自賠責保険の慰謝料は、加害者請求と被害者請求で振り込みまでの時間が大きく変わります。また、相手方保険会社から提示される示談金は最低限の金額であることが多いため、これに対する交渉も必要です。

自賠責保険の慰謝料をできるだけ早く受け取り、適切な額の示談金を勝ち取るためにも、交通事故に強い弁護士への依頼を検討しましょう。弁護士費用を差し引いても、十分なメリットがある可能性が高いですよ。