後遺障害診断の認定について

交通事故で怪我を負った場合に、後遺障害が残ることがあります。後遺障害とはどのようなもので、後遺障害の認定を受けるにはどのようにすれば良いのでしょうか?

今回は、交通事故の後遺障害と後遺障害の等級認定手続きについて、解説します。

1.後遺障害とは

交通事故に遭って怪我を負った場合に、十分な治療を続けても怪我が完治しないことがあります。このように、完治せずに残ってしまった症状のことを、後遺障害と言います。

後遺障害には、遷延性意識障害や脊髄損傷のように、寝たきりになったり、生活に車いすが不可欠になったりする重篤なもの、高次脳機能障害のように知能・記憶・感情などに障害が残るもの、手足などを欠損したもの、関節などの機能障害、外貌醜状など、いろいろな種類があります。

そして、後遺障害の内容や程度によって等級が決められています。後遺障害の等級には1級から14級があり、最も重いものが1級、最も軽いものが14級となっています。

2.後遺障害が認定されると何が請求できるのか?

交通事故で後遺障害が認定されたら、相手に対してどのような請求ができるようになるのでしょうか?

後遺障害が残れば、後遺障害慰謝料と逸失利益などを請求することができます。

後遺障害慰謝料とは、後遺障害が残ったことに対する精神的苦痛を賠償するための項目です。逸失利益とは、後遺障害が残り、事故前のように働けなくなったため、得ることができなくなった将来の収入を賠償する項目です。

後遺障害慰謝料も逸失利益も、後遺障害の等級によって金額が異なります。後遺障害の等級が重くなれば、金額も多くなります。

また、逸失利益は、基本的に交通事故の時点で仕事をして収入があった方や家事労働に従事していた方しか請求することができません。

3.後遺障害等級認定の方法

次に、後遺障害等級認定の方法を見てみましょう。

後遺障害の等級認定を受けるための方法には、事前認定と被害者請求があるので、順番にご紹介します。

3-1.事前認定

事前認定とは、相手の任意保険会社に後遺障害等級認定請求の手続を任せる方法です。

事前認定を選択する場合は、病院で後遺障害診断書を作成してもらい、それを相手の任意保険会社に送るだけで済むことがほとんどですので、とても簡単です。

しかし、事前認定では、後遺障害認定という被害者にとって重要な手続きを、事故の相手である任意保険会社に任せることになるので、手続きの透明性が保たれなくなる点に不安があります。

3-2.被害者請求

後遺障害の等級認定請求のもう1つの方法が被害者請求です。被害者請求とは、被害者本人が相手の自賠責保険に対して後遺障害の等級認定請求をする方法です。確実に後遺障害の認定を受けたいなら、被害者請求をすべきだと考えます。

被害者請求をする場合は、手続に必要な交通事故証明書や印鑑登録証明書などの書類を用意します。医師に後遺障害診断書を作成してもらう必要もありますし、診療記録や診療報酬明細書を取り寄せ、事故状況説明書を作成する必要もあります。

このようにして、等級認定の請求をしたら、1ヶ月~数ヶ月後、認定結果の通知書が届きます。

3-3.異議申し立てについて

等級認定の結果が必ずしも納得できるものとは限りません。期待していたよりも低い等級になってしまうこともあります。後遺障害が認められず非該当と判断されてしまうこともあります。

このように、後遺障害の認定結果に不服がある場合には、異議申立てを行うことができます。異議申立てをする場合は、異議申立書を作成し、相手の自賠責保険に提出します。異議申立書には、当初の認定内容に誤りがあることなどを具体的に指摘する必要があります。

認定結果を覆すためには、ポイントを押さえた上で異議申立書を作成する必要があるため、自分での対応は難しいので、弁護士に依頼することが効果的です。

 

状況別サポート一覧はこちら

http://daichi-lo.com/category/jyoukyou