過失相殺とは

1はじめに

交通事故によって怪我をすれば、入院や通院をすることになって医療費や交通費がかかります。また、入院や通院をしたことによる精神的苦痛を慰謝するための慰謝料が発生します。さらに、入院や通院をしたために仕事ができなかった場合には休業損害も発生します。

では、被害者に発生した損害の全額を、事故の相手や相手の保険会社から支払ってもらえるのでしょうか?

必ずしも、全額を支払ってもらえるとは限らないのです。交通事故が発生した原因について、自分にも非(過失)がある場合は、自分の過失の分だけ受けとれる賠償金の額が下がってしまいます。

この点をくわしく説明していきたいと思います。

 

2過失相殺とは

過失相殺(かしつそうさい)とは、交通事故が発生した原因について、被害者にも過失があった場合、被害者に認められる過失の割合に応じて損害賠償額を減額することをいいます。

例えば、交通事故の被害に遭って、100万円の損害が発生したとします。加害者にこの100万円を請求したいのですが、自分にも過失が2割あったとすれば、100×0.2=20万円が過失相殺として減額され、受け取れるのは80万円になってしまいます。

 

3過失割合

たとえ被害者でも、自分に過失があれば、その過失分が損害額から差し引かれてしまうとなれば、過失の割合をどのように決めるかが気になると思います。

過失割合は、事故の発生状況から客観的に決めることになります。保険会社や弁護士が参考にする資料には、交通事故の過去の裁判例をまとめ、事故の類型ごとに分類して過失割合を分析した判例タイムズ『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』があります。

保険会社や弁護士は、当事者からの事故状況の聞き取り内容、物損のみの事故なら「物損事故報告書」、人身事故であれば「実況見分調書」などの刑事記録を参考にして、判例タイムズの類型に当てはめ、過失割合を検討することになります。

判例タイムズの過失割合は、事故の類型によって基本割合が決められています。これに、具体的な事故状況によって過失を増減する修正要素が設定されています。

 

4過失割合に関する誤解

過失割合について誤解をしていて、そのことが事案の解決を長引かせる原因になってしまうことがあります。

たとえば、交通事故で、過失割合に関して、「歩行者は過失がゼロ」「止まっていた車は過失がゼロ」と思い込んでいる方が意外と多いようです。

しかし、歩行者は、自動車との事故においては、一般的に自動車の方に高い注意義務が課せられるため、自動車の過失割合が高くなる傾向にありますが、歩行者だからといって、必ずしも過失割合がゼロになるわけではありません。逆の立場から見れば、自動車を運転していて歩行者と衝突したからといって、必ずしも損害額の全額を賠償しなくてはならないわけではないのです。

また、自動車が止まっていたとしても、止まるに至った状況も色々ですので、必ずしも事故の責任を免れるわけではないのです。

止まっていたと主張する方が有利だからと考えて、とりあえず「止まっていた」と主張する方もいますが、自動車の傷などの他の客観的な証拠から判断すると、止まっていないことが明らかだということもあります。

このような対応は結果的に事故の解決を長期化させることもあります。

 

5人身傷害保険と過失割合

被害者が自分で自動車保険に加入している場合で、自分にも過失が認められる場合には、保険会社に人身傷害保険の使用が可能かどうかを問い合わせてみてください。

人身傷害保険とは、契約者や一定範囲の親族が、自動車搭乗中や歩行中などの自動車事故で死傷した場合に、過失割合に関わらず、保険約款で定められた人身傷害保険の基準で計算した保険金が支払われる保険です。

この保険があれば、自分の過失割合で減額されてしまう金額を、人身傷害保険からの支払で補うことができます。

人身傷害保険は、

  ①請求するかどうか

  ②どのタイミングで請求するか

について慎重な検討が必要です。できる限り、弁護士に相談してから対応を決めるようにしてください。

 

6まとめ

過失相殺について、ご理解いただけたでしょうか?

過失割合を決めるためには、まず、現実の事故状況を判例タイムズの類型に当てはめるのですが、その事故がどの類型に当てはまるかという点で見解が分かれることも少なくありません。

また、判例タイムズの類型に当てはまらない事故状況もあります。

さらに、修正要素にあたる事情があるかないかで、対立することもあります。

また、人身傷害保険の請求方法によっては、被害者の受け取り総額が大きく変わることがあります。

このように、過失相殺をめぐる保険金の受取額については、弁護士の手を借りなくては解決しない複雑な問題がありのます。困ったらすぐに弁護士に相談して下さい。

 

過失一覧はこちら