後遺障害の等級認定とは

交通事故の被害に遭ってケガを負ってしまったら、怪我を治すために治療を受けるはずです。しかし、どんなに治療をしたとしても、完全に症状がなくならず、後遺障害が残ってしまうことがあります。

後遺障害が残ったと評価されれば、逸失利益や後遺障害慰謝料などの請求が可能になるため、賠償金の額が高額になります。これらの請求を可能にするためには、まず、「後遺障害の等級認定」を受ける必要があります。適切に認定を受けるためには、認定基準を知った上で、適切な診断書を作成してもらったり、付属の資料を用意するなどの工夫が必要となります。

今回は、後遺障害の等級認定と、認定を受けるための方法を解説します。

 

1.後遺障害の等級認定とは

交通事故で負った怪我が完全には回復せず、後遺障害が残ってしまったら、事故の相手に対して後遺障害についての賠償金を請求できて当然だと思われている方も多いと思います。

実際に、後遺障害が残った場合の損害として、「後遺障害慰謝料」や「逸失利益」という言葉を耳にされた方もいると思います。

しかし、現実には、何らかの後遺症が残ったという事実だけで、当然にこうした賠償金を請求できるわけではありません。「後遺障害慰謝料」や「逸失利益」などの支払いを受けるためには、「後遺障害の等級認定」を受ける必要があるのです。

後遺障害には、重い方から軽い方まで、1級から14級までの等級が定められています。この中のどの等級に該当すると評価されるかによって、後遺障害慰謝料や逸失利益の金額が変わってきます。当然、軽い後遺障害(低い等級)だと金額は少なくなりますし、重い後遺障害(高い等級)の場合には金額が増えることになります。

適切に、なるべく多くの賠償金の支払いを受けるためには、適切な後遺障害等級を認定してもらう必要があるのです。

後遺障害等級は、損害保険料率算定機構という機関に設置されている調査事務所が、資料にもとづいて審査を行った上で認定しています。後遺障害等級の認定を求めるためには、交通事故の相手が自賠責保険の契約をしていた保険会社が窓口となります。

 

2.後遺障害等級認定の2つの方法

後遺障害等級の認定を受ける手続には、2つの方法があります。

1つは事前認定、もう1つは被害者請求という方法です。

事前認定とは、交通事故の相手が自動車保険の契約をしていた保険会社(任意保険)に、後遺障害等級の認定手続を任せる方法です。これに対し、被害者請求とは、被害者自身が、相手が自賠責保険の契約をしていた保険会社に対し、後遺障害等級の認定手続を行う方法です。

手続きの簡便さで比べると、相手の任意保険会社に全てを任せる事前認定の方が優ります。そこで、被害者が自分一人で手続をする場合には、事前認定の方法をとることが多いです。

しかし、後遺障害等級の認定を受けることは、賠償金の金額を大きく左右するので、被害者にとって非常に重要な手続です。それを、「事故の相手」に任せるのは不安を感じることがあると思います。また、任意保険会社がどんな資料を提出したのか分からないため、透明性という点は欠けています。ですから、確実に等級認定を受けたいのであれば、被害者請求の方法を選択するべきだと思います。

事前認定を選択して「非該当」(後遺障害が認められないこと)と判断された後、不満を抱えて弁護士に相談に来られる方もたくさんおられます。

 

3.被害者請求を成功させる方法

被害者請求を行うときには、たくさんの書類が必要になります。病院から必要な検査資料を取り寄せて提出することも必要です。専門的な知識やノウハウも必要になります。また、後遺障害は「症状」ですから、適切に認定を受けるためには、ある程度の医学的知識も要ります。

弁護士であれば、被害者請求に必要な知識やノウハウも持っていますし、たくさんの案件を扱っているので、ある程度の医学的な知識も身につけています。

確実に高い後遺障害の等級認定を受けるためには、弁護士に依頼して被害者請求を行うことをお勧めします。

 

後遺障害の認定について一覧はこちら