遷延性意識障害への看護のポイント

遷延性意識障害者への看護のポイント

⑴ 肺合併症の予防

  吸入・吸引・タッピングによる喀痰喀出
  経口摂取訓練
  肺理学療法による肺の再膨張
  口腔内の清潔ケア

⑵ 褥瘡の予防

  最低2時間ごとの体位変換
  エアーマットなどの利用
  体位変換によるスキントラブルを防ぐため、看護者2人がペアとなり、患者の背中に敷いたバスタオルを利用し、両サイドを引っ張るようにして持ち、患者を浮かせるようにして「擦らない体位変換」を行う
  ベッドと身体の接触面を広くし、局所同一部位への長時間の圧迫を防ぐ

⑶ 関節拘縮

  関節の拘縮・変形は、時間の経過とともに増強するので、早期からの予防に努めることが重要。
  積極的にベッドサイドでの他動運動を施行する。

⑷ 尿路感染

  カテーテルを長期間留置することは、尿路感染の誘因となりやすく、長期臥床により結石が形成されやすい状態にある。
  毎日の陰部清拭・洗浄
  定期的な膀胱洗浄・カテーテルの交換
  早期にカテーテルを抜去し、自然排尿に移行させる。

 

意識障害を改善するための看護のポイント

⑴ 意識レベルアップの遅延

睡眠~覚醒のリズムを確立させ、覚醒時により多くの刺激を患者が受容できる状態を作ることにより、意識レベルの向上を促す。

⑵ ADL拡大困難

⒜ 移動・体位

患者を他動的に移動・体位変換させることは、無意識にでも患者が平衡を保とうとしたり、体勢を立て直そうとする行動を導き出すことにつながる。

⒝ 栄養

点滴による栄養補給→経管栄養→経口摂取(半固形食→固形食)
誤嚥などがあれば、直ちに経口摂取を中止し、吸引を行い、誤嚥性肺炎の防止に努める必要がある。

⒞ 排泄

排泄による快・不快は、脳に何らかの刺激を与え、患者の意識レベルに影響を及ぼす。

⒟ 清潔

全身清拭・部分浴・シャワー浴(入浴)を行うことは、感染予防、全身の外的刺激、看護者が患者の全身の皮膚の状態を観察する機会となる。

 

遷延性意識障害について一覧はこちら

遷延性意識障害について