死亡事故の保険金

交通事故で被害者が死亡した場合、保険会社に対して保険金を請求する場面に直面する
ことになると思います。

死亡事故後の保険金請求でまず考えられるのは、死亡した被害者を被保険者とする生命
保険契約がある場合における死亡保険金請求です。
この場合、生命保険契約にて設定されていた一定額の保険金が支払われることになります。

生命保険金の請求は、交通事故によって死亡した場合に限らず、生命保険契約を締結していた方が亡くなられた場合に一般的に生じる事柄です。

これに対し、交通事故によって被害者が死亡した場合、それに特有の保険金請求が生じ
てきます。

死亡事故が起きた場合、加害者は、被害者に対して、損害を賠償すべき責任を負います。

そして、加害者は、損害保険会社と自動車保険契約を締結している場合が多いので、その場合、被害者は、認められた賠償金を損害保険会社から保険金として支払ってもらうことができます。

また、死亡された被害者にも契約していた自動車保険がある場合には、

  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • 弁護士費用補償保険

などの保険金を請求できる可能性があります。

 

死亡事故について一覧はこちら

死亡事故について