死亡事故の慰謝料

【交通事故死亡慰謝料】

交通事故が発生して被害者が死亡した場合、死亡した被害者に対して死亡慰謝料が認められます。
この死亡慰謝料の金額は、被害者の属性によって概ね標準化されています。

具体的には、

一家の支柱 2800万円
母親、配偶者 2500万円
その他 2000万円~2500万円

が一般的な金額となっています。

増額した死亡慰謝料が認められるケース

ところで、一般的な金額よりも増額した死亡慰謝料が認められるケースがあります。

例えば、
① 加害者の側に、飲酒運転、無免許運転、著しい速度違反、殊更な信号無視、ひき逃げなどの事情が認められ、悪質だと評価される場合
② 被扶養者が多数の場合
③ 損害額の算定が不可能または困難な損害の発生が認められる場合
です。

これらの事情があれば、積極的に主張して、死亡慰謝料の増額を求めていくべきことになります。

死亡事故では、死亡した被害者自身の慰謝料だけでなく、近親者にも固有の慰謝料を認めてもらえる可能性があります。

死亡した本人の慰謝料と近親者の慰謝料を合計して、上記の金額とすることが一般的ですが、詳細に主張をすれば、慰謝料の額の上乗せが可能です。配偶者・両親で約200万円、子供で約100万円が一般的だと思います。

ただし、近親者の固有の慰謝料は、保険会社との示談交渉では認めてもらえる可能性が低いです。近親者の固有の慰謝料を認めてもらうためには、裁判によって解決を図る必要性が高いです。

 

死亡事故について一覧はこちら

死亡事故について