交通事故で死亡した場合の慰謝料相場

当事務所に寄せられたご質問にお答えしています。

 

父が交通事故で死亡しました。慰謝料はどれくらいもらえるのか教えていただけますか?

お父様が交通事故で亡くなられたとのこと、お悔やみ申し上げます。

交通事故で亡くなった場合の慰謝料についてお答えいたします。

 

 

慰謝料は「被害者本人」と「遺族」の分を請求できる

死亡慰謝料は、亡くなられた被害者が、亡くなられる直前に感じていたであろう精神的苦痛を慰謝するため、その精神的苦痛を金銭的に評価したものです。慰謝料を請求できるはずの被害者が死亡しているため、その請求権は相続人に相続されます。

また、その遺族に対しても、被害者が亡くなられたことによって被った精神的苦痛を慰謝するための固有の慰謝料が認められます。

ただし、示談で解決する場合には、「被害者から相続した慰謝料」と「遺族固有の慰謝料」の両方を含んだ金額として提示されることが一般的です。これに対し、訴訟の場合には、両者は別個に認定されることが一般的です。

 

遺族の範囲は、死亡した本人の父母、配偶者、子が法律上認められています。ただ、必ずしもこれに限定されるわけではなく、関係の深かった祖父母や内縁の配偶者、兄弟に対する慰謝料を認めた裁判例もあります。

 

 

被害者の家庭内の地位によって慰謝料は違う

交通事故の死亡慰謝料は、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判所基準」の3つの基準を参考に算出されます。

 

自賠責基準

自賠責保険の保障額を算定するために作られた基準で、低水準の基準です。任意保険基準や裁判所基準とは異なり、被害者の家庭内の地位による区別はありません。すなわち、年齢や社会的地位に関係なく、慰謝料は一定の金額となります。

 

被害者本人に対して350万円(遺族が被害者本人に扶養されていた場合は200万円加算)、さらに、慰謝料を請求する遺族が1人の場合は550万円、2人の場合は650万円となります。

 

保険会社基準と裁判所基準

任意保険会社が独自に設定している「任意保険基準」は自賠責保険基準より高額ではあるものの、決して高い水準とは言えません。これまでの裁判例で認められてきた金額を参考に作成された「裁判所基準」の方がはるかに高額で、弁護士に示談交渉を依頼すれば、裁判所基準をもとに示談交渉を進めてもらうことができます。

 

任意保険基準も裁判所基準も、死亡した被害者の家庭内での立場によって相場が異なります。

死亡した被害者の立場

任意保険基準

裁判所基準

一家の支柱

1500万~2000万円

2800万円

一家の支柱に準ずる者

1300万~1800万円

2500万円

その他

1200万~1600万円

2000万~2500万円

 

「一家の支柱」とは、当該世帯が主に被害者の収入によって生計を維持していたことをいいます。「一家の支柱に準ずる者」とは、家事をする主婦や養育が必要な子を持つ母親、高齢な父母や兄弟を扶養または仕送りをしている独身者などがこれに該当します。

 

ご覧のとおり、任意保険基準と裁判所基準では数百万単位で慰謝料の金額に差があります。そして、保険会社が示談交渉で提示する金額は、任意保険基準をもとに算出していますので、実際には、もっと高額な慰謝料を請求できるケースが多いのです。納得のいく慰謝料を受け取るためにも、保険会社との示談交渉は弁護士に代行してもらうことをおすすめします。

 

 

保険会社との示談交渉は弁護士に一任しよう

交通事故家族が亡くなられたという突然の訃報で、ご遺族は悲しみに暮れると思います。この状況の中で、ご遺族は、葬儀や保険会社との示談交渉など、さまざまな法的な問題を解決していく必要があります。交通事故に強みを持つ弁護士に保険会社との示談を依頼すれば、慰謝料の増額を期待できるほか、煩雑な手続も任せられるので、ご遺族の精神的な負担が軽減されます。当事務所でも交通事故に強みを持つ弁護士が在籍していますので、お気軽にお問い合わせください。