交通事故被害者―弁護士基準の慰謝料請求をするためには

1.はじめに

みなさんは、自分が交通事故の被害者になり、怪我をしてしまうことを想像したことはありますか?

交通事故によって怪我をして、入院や通院をしなければならなくなった場合、怪我による痛みの他に、入院や通院によって精神的苦痛を感じることがあると思います。

この精神的苦痛を慰謝するために支払われるのが慰謝料です。

交通事故による慰謝料にはどのような種類があり、どの程度の金額が算定されるのかをみていきましょう。

 

2.交通事故の被害者が受けうる慰謝料の種類

慰謝料の種類としては、どのような精神的苦痛を慰謝するものかによって「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」の3つの種類があります。

入通院慰謝料とは、交通事故で負った怪我の治療のため、入院・通院をしなければならなくなったことに対して支払われる慰謝料のことです。

後遺障害慰謝料とは、怪我が治りきらずに残ってしまった後遺症について、後遺障害等級(1~14級)が認定されたものに対して支払われる慰謝料のことです。

死亡慰謝料とは、交通事故によって被害者が亡くなってしまった場合に支払われる慰謝料です。

 

3.慰謝料の金額の3つの基準

これら3種類の慰謝料について、どれくらいの金額が支払われるかについては、3つの基準があります。それが①自賠責基準、②任意保険基準、③弁護士基準です。

(1)自賠責基準

自賠責基準とは、自賠責保険によって定められた基準のことです。

自賠責保険とは、原付を含むすべての自動車の運転者が、法律で加入を義務づけられている強制加入保険のことで、自賠責保険に加入せずに自動車を運転した場合は法律によって罰せられます。

自賠責保険は、交通事故の加害者に資力がない場合でも、被害者が泣き寝入りをしなくて済むように、被害者に対する最低限の補償を行うために設けられた制度です。ですから、最低限の補償が認められているに過ぎず、3つの相場基準の中でも最も低い金額に設定されています。

(2)任意保険基準

任意保険基準とは、さまざまな任意保険会社によって独自に設定されている慰謝料の基準のことです。自賠責保険では十分に支払ができない賠償金を補償するため、任意の自動車保険に加入している人は多いでしょう。

この任意保険基準については、会社によって異なり、また非公開とされていますが、3つの基準の中では中間の金額となっています。

(3)弁護士基準

弁護士基準とは、裁判所の過去の判例をもとに算出された基準のことをいい、裁判所基準とも呼ばれます。具体的には、東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表している、「民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準」(通称「赤本」)に記載された基準が参考にされることが多いです。

他基準と比較してかなり高額な慰謝料金額が設定されており、弁護士に依頼することで最も高い基準での慰謝料を請求することができます。

 

4.弁護士基準の慰謝料と自賠責基準の比較

(1)死亡慰謝料

自賠責基準では、亡くなった者に対する慰謝料は一律350万円となっています。

また、遺族に対する慰謝料は、遺族が1人の場合は550万円、2人の場合は650

万円、3人の場合は750万円となっています。

弁護士基準による死亡慰謝は死亡した本人が一家の支柱だと2800万円、母親・配偶者だと2500万円、その他の場合は、2000万円~2500万円となっていますが、事情により増減されることがあります。

(2)入通院慰謝料

自賠責保険による計算方法

計算式:4200円×〔治療期間〕or〔実通院日数×2〕

弁護士基準による計算方法

   赤本の算定表で入院期間や通院期間をみて、計算しますが、弁護士基準では、自賠責基準の2倍以上の金額が設定されています。

(3)後遺障害慰謝料

後遺障害等級が1級の場合

自賠責基準は1100万円、弁護士基準は2800万円です。

 

後遺障害等級が14級の場合、

自賠責基準は32万円、弁護士基準は110万円です。

どの等級でも2ないし3倍の基準となっています。

5.まとめ

被害者が自分で交渉することはなかなか困難ですが、弁護士に依頼して交渉すれば、それだけで慰謝料が一気に上がるのはこのような基準の存在によるものです。

弁護士費用特約があれば、自分の負担なく慰謝料がアップします。もしも弁護士費用特約がなくて弁護士費用を支払うことになったとしても、手元に残るの分が多くなる可能性もあります。

まずは一度、弁護士にご相談ください。

 

損害項目についての一覧はこちら