外傷性頚部症候群の慰謝料請求

1 はじめに

交通事故にあった後、首に違和感が出てきたために病院を受診すると、外傷性頚部症候群という診断名がつくことがあります。

外傷性頚部症候群というのは、一般に「むちうち症」と言われているものです。

外傷性頸部症候群と診断された場合、慰謝料は支払われるのでしょうか。

 

2 外傷性頸部症候群の症状

事故直後は、なんともないと思っていたのに、しばらくしてから頚部痛などの症状が出現し、その後、長期間にわたって頚部痛、肩こり、頭痛、めまい、手のしびれなどの症状が続くことがあります。

この場合、レントゲン検査では明らかな骨折や脱臼などが認められることは少ないと思います。

 

3 外傷性頸部症候群と慰謝料

(1)慰謝料とは

外傷性頸部症候群と診断され、頚部痛などに苦しんでいる方にとっては、この精神的苦痛をなんとか慰謝してもらう方法はないのかと考えられるでしょう。

一般的に、ある行為によって精神的苦痛を受けた場合に、この精神的苦痛を慰謝するために支払われる金銭のことを慰謝料といいます。

慰謝料について、交通事故に遭ったときに受けとれる全ての金銭(賠償金)のことをいうと勘違いしている方が多くおられます。しかし、治療費や通院交通日、仕事を休んだために生じた休業損害などは精神的苦痛を慰謝するための慰謝料とは別の損害項目であり、別に計算されて受けとることができます。

そして、慰謝料の中にも、種類があります。

外傷性頸部症候群について認められる可能性のある慰謝料は、「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」です。

(2)入通院慰謝料について

入通院慰謝料は、治療のために入院や通院が必要になったことによる精神的苦痛を慰謝するための慰謝料です。

入通院慰謝料を算出する際の基準は、①自賠責基準、②任意保険会社基準、③弁護士基準の3つがあります。

①は、自賠責保険によって定められた基準のことです。

自賠責保険とは、すべての自動車の運転者が、法律で加入を義務づけられた強制加入保険のことで、交通事故加害者にお金がない場合にも、被害者を救済ために、被害者に最低限の補償をする観点から設けられた制度です。このため、最低限の補償が原則となり、慰謝料の水準は低額となっています。

②は、多くの人が加入している任意保険の保険会社が独自に算出する慰謝料の基準です。自賠責基準よりは高くなっていますが、弁護士基準より少ない額となります。

③がもっとも高額でになります。弁護士が代理人として交渉をした場合には、この弁護士基準で支払いがされることになります。

弁護士基準は、いわゆる「赤本」(「民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準」公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部)に記載されている基準表を見て算出することが多いですが、地方によって独自の基準が存在する場合があります。

外傷性頸部症候群のなかでも、画像診断によって所見が得られない場合には、別表Ⅱを用いることとされています。

一方で、外傷性頸部症候群で、画像診断によって症状の原因となる異常所見が得られた場合には、別表Ⅰが用いられることもあります。

これらの表が慰謝料の金額の目安となりますが、傷害の程度や入通院期間によっては、修正が加えられることがありますので、弁護士によく相談をして算定を進めることが大切になるでしょう。

(3)後遺障害慰謝料

後遺障害とは、交通事故で負った怪我がこれ以上治療しても改善しない状態に達した場合に、その時点(症状固定日といいます)で残っている障害が自動車損害賠償保障法施行令で定める等級に該当しているものをいいます。

後遺障害が残った場合、後遺障害が残ったことによる精神的苦痛について、慰謝料を請求することが可能になります。

外傷性頸部症候群であっても、他覚的所見のある場合すなわち、医師による診察や検査で何らかの所見が得られたものは、後遺障害等級12級13号が認定される可能性があります。また他覚的所見のないものでも14級9号に認定される可能性もあります。

 

3 おわりに

外傷性頸部症候群は、交通事故に遭った方の多くが苦しむ症状です。

とても苦しい症状が残っているのに、画像などを見ても所見がないことから、慰謝料の請求をあきらめる人もいるでしょう。

しかし、外傷性頸部症候群についてたくさんの事例を見ている弁護士であれば、そのような場合の解決をよく知っています。

まずは一度弁護士に相談してください。

 

損害項目についての一覧はこちら