むち打ちの弁護士慰謝料請求

1.むち打ち症とは

みなさんは、「むち打ち」という怪我について聞いたことがあるでしょうか?

追突事故などで強い衝撃が身体に加わったとき、首から上の頭部と、首から下の胴体部には逆方向の力がかかります。その時、身体がむちの動きのように大きく曲がった形になることから、その後に身体に現れる症状を「むちうち症」とよぶことがあるのです。

むちうち症というのは正確な医学用語ではなく、前記のような動きにより、頚部やその周辺、頭部に生じた打ち身・捻挫などの症状のことを指す通称であり、診断書には「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」と記載されていることが多いです。

むちうちは、自動車事故だけでなく、外的な力が加わるスポーツや、仕事によっても生じることがあります。

むちうち症の困ったところは、交通事故の直後には大した症状が出ないことが多く、後日、様々な症状が出現することがある点にあります。頚部、背中、肩のこりや痛み、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振などの症状に苦しむ方もいますが、外見や、レントゲン検査では目立った所見がないことが多いのも特徴です。

 

2.むち打ちと慰謝料

交通事故でむちうち症になり、苦しんでいる方にとっては、慰謝料がどれくらいもらえるかが、気になるところでしょう。ここでは、慰謝料と交通事故について詳しく解説をします。

(1)慰謝料とは?

「慰謝料」とは、一般に、ある行為によって精神的苦痛を受けた場合に、この精神的苦痛を慰謝するために支払われる金銭のことをいいます。

交通事故で怪我をした場合でも、治療費などの実費の他に、慰謝料を請求することができます。むちうちで入院や通院をした場合は「入通院慰謝料」、後遺障害が残ったときは「後遺障害慰謝料」の支払いを請求することができます。

(2)入通院慰謝料について

入通院慰謝料とは、治療のために入院や通院をすることになってしまったことに対する慰謝料です。入通院慰謝料を算定する際の基準は、①自賠責基準、②任意保険会社基準、③裁判(弁護士)基準の3つがあります。

③がもっとも高額で、弁護士が代理人として交渉をした場合には裁判(弁護士)基準で支払いがされることになるでしょう。

弁護士基準は、一般に、いわゆる「赤本」(「民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準」公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部)に記載されているような表を見て算出します。

むち打ちのなかでも、画像で所見がない場合は、別表Ⅱを用いることとされています。

 

むち打ちで、所見がある場合には、別表1が用いられることもあります。

これらの表の適用を目安としつつも、障害の程度や入通院期間によって、修正が加えられることがありますので、その点は依頼した弁護士と打合せをすることが大切になります。

 

(3)後遺障害慰謝料

後遺障害とは、交通事故による怪我がこれ以上治療しても改善しない状態(=症状固定)に至っていると判断され、その症状が自動車損害賠償保障法施行令の後遺障害等級に該当しているものをいいます。この場合は後遺障害が残ったことに対する精神的苦痛についての慰謝料を請求することになります。

むちうちであっても、他覚的所見のある場合、すなわち、医師による診察や検査で何らかの所見のあるものは、後遺障害等級12級13号が認定される可能性があります。また他覚的所見のないものでも14級9号に認定される可能性もあります。

 

3.おわりに

むちうち症は、交通事故に遭った本人にとってはとても苦しい症状をきたすことがある反面、他覚的所見がないことから、後遺障害の認定が得られないことがあります。そのような場合にどのような主張をして慰謝料を請求していいのか分からないこともあるでしょう。

むちうちを理由とする慰謝料の仕組みや実務においては、専門的な知識が必要とされますし、委任により、慰謝料も高額な弁護士基準が適用されますので、悩んでいる方は弁護士に相談することをお勧めします。

 

損害項目についての一覧はこちら