ムチウチにおける通院の重要性

1はじめに

「ムチウチ」とは、交通事故の衝撃によって頚部がムチのようにしなったことにより現れる症状を指す言葉です。診断名としては「頸椎捻挫(けいついねんざ)」「外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」などがあります。

交通事故でムチウチを受傷した場合、きちんと通院することがとても大切なのですが、それの理由を説明したいと思います。

 

2ムチウチによる症状

ムチウチは頚部を負傷したことによって発症します。症状は、首や肩の痛みが主なものですが、それに加えて、頭痛や腰痛、吐き気や手足のしびれ、場合によっては、麻痺症状が現れることもあります。

もっとも、このような症状が、事故からしばらく経ってから現れることもあります。なぜかというと、事故直後は、精神的に興奮状態になっていたり、他の部分も受傷して痛みがあったりして、ムチウチの症状を感じにくいことがあるのです。

また、ムチウチの症状が強くない場合は、わざわざ会社を休んで通院することが面倒であることから、通院をしないでいることもあると思います。

しかし、ムチウチの症状を改善させるためには、適切な診断と治療が必要ですから、きちんと通院をすることが必要です。また、きちんと通院をしておかなければ、ムチウチを受傷したことに対する適正な賠償を受けられなくなることもあるので、この観点からも通院が重要となります。

 

3ムチウチと賠償

(1)ムチウチのときに支払われる賠償金

交通事故にあって怪我をした場合、通院が必要になれば、その治療にかかった治療費は保険会社から支払われます。

また、受傷した怪我の程度に応じて受ける精神的苦痛、後遺障害が残ってしまった時の精神的苦痛などを金銭的に評価したものを慰謝料といいますが、これも賠償金として支払われることになります。

(2)ムチウチの慰謝料の種類

①入通院慰謝料

入通院慰謝料は、交通事故で怪我をした場合に、治療のために入院したり通院したことによって受けた精神的苦痛を金銭的に評価したもので、入院や通院の回数が多く、期間が長いほど金額が増えることになります。

②後遺障害慰謝料

 怪我の治療を続けた結果、症状がそれ以上よくならない状態に達したことを「症状固定」といいます。

症状固定となった時点で残っている症状を後遺症といいます。

後遺症が残ってしまったことによって受けた精神的苦痛を金銭的に評価したものを後遺障害慰謝料といいます。

後遺障害は、その症状の程度に応じて1級から14級までの等級に分けられているのですが、後遺障害慰謝料は、その等級ごとに決められています。

ムチウチで後遺症が残った場合には、12級か14級の後遺障害等級が認定されることがあります。

(3)適切な賠償を受けるために

ムチウチを受傷した場合は、症状の程度(これが入院や通院の期間に反映されます)や後遺障害が残ったかなどに応じて慰謝料が支払われることになります。

もっとも入通院慰謝料は、入通院期間に応じて金額が決まりますし、後遺障害慰謝料は、医師に症状固定となった時点の症状について診断してもらってはじめて認定を受けることができます。だからこそ、忙しくても痛みを我慢せず、きちんと通院しておくことが大切なのです。

また、通院期間が長くても、通院の頻度が少なければ、通院期間を慰謝料の算定の基礎としてもらえないことがあります。

そもそもムチウチは、治療の間隔があくと、それまでの治療の効果が失われてしまうことがあります。きちんと通院し、医師の判断を受けながら治療を継続することが、治療効果という意味でも望ましいです。適切な賠償を受けるだけでなく、しっかりとした治療効果をえるという意味でも、しっかりと治療を受けることが望ましいといえるでしょう。

 

4おわりに

ムチウチは、症状を感じるものの、いざレントゲンやMRIを撮ってみると、明らかな異常所見がないことが多く、それゆえ、保険会社も、本当に痛くて通院をしているのかを疑い易く、治療費の打ち切りを提案してくることも、少なくありません。

このような場合に、どのように治療費や慰謝料の支払いを求めていくのか、そもそもどのような対処をすればいいのかについては、経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。

 

治療について一覧はこちら