交通事故の相談ならお任せください。大阪駅から徒歩7分の「だいち法律事務所」

トップページ

解決事案1 Mさん(女性:40歳代)

案件内容
急性硬膜下血腫・脳挫傷などを受傷した結果、重篤な高次脳機能障害、体幹機能障害などを残す。当初は、他の弁護士に依頼し、別表第一第2級1号の認定を受けた。
当事務所で依頼を受けた後、異議申立をした結果、別表第一第1級1号の認定を受ける。その後、訴訟を提起し、約3億円の賠償金を受領した。

■2級→1級に後遺障害等級上昇
■事故時診断:
急性硬膜下血腫・脳挫傷など

解決事案2 Tさん(男性:20歳代)

案件内容
急性硬膜外血腫・急性硬膜外血腫・脳挫傷などを受傷した結果、重篤な高次脳機能障害、四肢麻痺などを残す。当初から当事務所で依頼を受ける。
自賠責保険を請求した結果、別表第一第1級1号の認定を受ける。その後、訴訟を提起し、約2億2000万円の賠償金を受領した。依頼者の過失部分については約5000万円の人身傷害保険金を受領した。

■事故時診断:
急性硬膜外血腫・急性硬膜外血腫・脳挫傷など

解決事案3 Hさん(男性:10歳代)

案件内容
脳挫傷・びまん性軸索損傷などを受傷した結果、高次脳機能障害、同名半盲などの障害を残す。当初は、他の弁護士に依頼していたが、後に、当事務所が依頼を受ける。
自賠責保険を請求した結果、高次脳機能障害について別表第二第3級3号、同名半盲について別表第二第9級3号、併合2級の認定を受ける。
3台の車が関与していたため、3件の自賠責保険金を受領した後、訴訟を提起。約1億円の賠償金を受領した。

■事故時診断:
脳挫傷・びまん性軸索損傷など

解決事案4 Rさん(男性:40歳代)

案件内容
頚髄損傷により、四肢麻痺などの障害を残す。当初は、他の弁護士に依頼し、別表第一第1級1号の認定を受けた後、訴訟を提起。
しかし、地裁では、依頼者に70%の過失があるとされ、請求が棄却された。
控訴審から当事務所が依頼を受ける。請求内容を全面的に見直すとともに、工学鑑定の専門家に事故状況の検討を依頼した。
控訴審で1億円の賠償金の支払を受けることで和解した。

■事故時診断:
頚髄損傷

だいち法律事務所が重症(脳や脊髄)・死亡事案に強い理由

交通事故に対する高度な専門知識を有する交通事故専門弁護士が担当。
当事務所は交通事故のみを扱う弁護士事務所です。そのため、交通事故の事件処理のエキスパートの弁護士が対応いたします。
重症・死亡事案に特化しているからこそ、1件1件を丁寧に時間をかけて対応。
重症や死亡事案に関して増額を引き出すためには細かな立証を行う必要があるため、1件1件丁寧に時間をかけて対応いたします。
3人体制で多角的な見方で事件処理を行っていきます。
当事務所ではマンツーマンで依頼者に対応いたします。さらに、2人のスタッフがバックアップに入ることでより幅広い視野で事件処理が可能となります。
初回相談60分は完全無料
初回相談60分は無料となっております。まずは、初回相談において事情を細かくお聞きし、事件解決までの道筋をできるだけわかりやすくご説明するようにしております。
交通事故「被害者」からのみの依頼に対応。経験豊富な実績。
当事務所の設立経緯が、交通事故の被害者の悲痛な思いを少しでも和らげたいという所から始まりました。そのため、交通事故被害者の方のご相談のみ承っております。
高い専門性を頼って、西日本の広域から依頼がきております。
重症や死亡事案に特化した弁護士事務所として事案の50%以上が関西以外の西日本各地から依頼を受けております。

重症・死亡事案は弁護士の専門的な知識によって大きな増額につながります。

 

重症や死亡事案を取り扱う場合特に必要となるのが、「豊富な事件処理の経験」と「高度な医学知識」です。
当事務所のこだわりとして、出来る限り事件処理における早期の段階で、過去の豊富な事件の処理の経験をもとにして、依頼者に事件解決の流れや見通しを伝えるようにしています。そうすることで、依頼者も今後の見通しが明確に持てることで、その後の相談を安心してい行ってもらえるようになります。
また、重症の事案においては特に、認定等の交渉などにおいて医師と直接弁護士がやり取りを行わないといけない場面があるため、当弁護士事務所では定期的に他の事務所の弁護士も交えて、『交通医療研究会』を開催しています。そうすることで、医師や裁判でのやりとりがより説得力のあるものになり結果的に、大きな増額につながっていきます。

 

メディア・雑誌情報

読売テレビ「かんさい情報ネット ten」に交通事故を専門に扱う弁護士として出演
【自動車保険ジャーナル No.1904号 掲載】

事務所紹介

大阪駅より徒歩7分

  • 大阪の弁護士に交通事故の相談をするなら【だいち法律事務所】
  • 〒530-0047
    大阪市北区西天満4丁目11番22号
    阪神神明ビル601
    TEL 06-6311-2211
    相談時間 9:30〜17:30(平日)

交通事故コラム

PAGETOP