自賠責保険と任意保険の関係

1 はじめに

 交通事故の被害に遭った場合,加害者から賠償金を支払ってもらう必要があります。

 ただし,自動車の保有者は,自賠責保険に加入していることが通常ですし,任意保険に加入していることも多いです。このため,直接,加害者に損害賠償を請求する代わりに,自賠責保険と任意保険に請求して,賠償金を確保することになります。

 では,この2つの保険は,どのような関係に立つのでしょうか。

 

2 自賠責保険とは

 自賠責保険は,自賠法に基づいて自動車の保有者に契約が義務付けられている保険(自賠法5条)であり,被害者の保護を目的とした基礎保険の性格を有しています。ただ,後述する裁判基準や任意保険基準と比較すると賠償される損害の範囲は狭く,また支払額に上限があることから,損害のすべてをカバーすることができない場合が多いです。

 

(1) 補償の範囲

 自賠責保険の補償の対象は,人的損害のみであって,物損への補償はありません。

 ただし,応急措置費用(応急手当のための布団など),義肢等の費用(メガネ,補聴器などの医師が身体の機能を補完するために必要と認めたものが事故により損傷し,修繕または再調達が必要な場合)は人損として扱い,補償の対象となります。

 

(2) 保険金額

 ①死亡に対する補償:上限3000万円

 葬儀費,逸失利益,死亡慰謝料(本人および遺族)を補償します

 ②傷害に対する慰謝料:上限120万円

 治療関係費(治療費,通院費,入院雑費など),休業損害,慰謝料などを補償します。

 ③後遺障害に対する補償(等級に応じて75万円~4000万円)

 逸失利益,後遺障害慰謝料を補償します。

 

(3) 自賠責保険が支払われない場合

 ①加害者の無責

 保険者に全く責任がない場合には,自賠責保険による支払いはなされません(被害者に一方的に過失がある場合など)。

 ②故意免責・重過失減額

 加害者が,わざと交通事故を起こして被害者に損害を加えた場合には,自賠責保険は免責され,自賠責保険金は支払われません。

 これに対して,被害者に重過失がある場合であっても,自賠責保険金は支払われます。ただし,被害者の過失割合が7割以上となる場合は,過失割合に応じ減額されます。

 

2 任意保険と自賠責保険との違い

 自動車保険には,前記した自賠責保険のほか,任意で加入する自動車保険・共済(以下「任意保険」といいます)があります。

 

(1) 補償範囲

 自賠責保険は,基本的に人身事故のみを対象としており,物的損害については原則として保障されません。これに対し,任意保険にはそのような制限はありません。補償範囲は任意保険の種類によります。

 

(2) 補償金額

 自賠責保険で支払われる保険金ないし損害賠償金は,最低限度の補償を定めたものです。

 しかし,被害者が受けた損害は,自賠責保険で補償される金額を大きく超えた金額になることが多いため,自賠責保険だけで十分な損害賠償を行うことは困難です。

 任意保険は,対人賠償の場面において,自賠責保険金額を超える損害額を支払うものであり,自賠責保険の上積み保険としての役割を果たしています。

 

(3) 過失相殺について

 自賠責保険では,被害者に7割以上の過失がある場合でなければ過失相殺は行われません。これに対し,任意保険では,少しでも被害者に過失があれば,その過失割合に応じた保険金の支払いがなされます。