個人賠償責任保険とは?自動車の交通事故に使える?

近年、日常生活のトラブルに対応する「個人賠償責任保険」が注目されています。契約者のみならず、その家族にも適用されるため、少額でさまざまなトラブルに備えられるという特徴をもっています。
この個人賠償責任保険、果たして交通事故に適用されるのでしょうか。
個人賠償責任保険の概要や適用範囲、使えるときや使えないときを解説します。

日常生活のトラブルから身を守る「個人賠償責任保険」

個人賠償責任保険は、日常生活によって負うことになった「損害賠償義務」に対応する保険です。
例えば、以下のようなトラブルで損害賠償義務が発生したときに利用することができます。

・階下への水漏れ事故によって、家電、衣服、家具などを弁償しなくてはならないとき
・子どもがケンカで他の子に怪我を負わせたとき
・未購入の商品や飲食店の備品などを誤って壊してしまったとき
・ベランダからモノを落として駐車中の他人の車を損傷させてしまったとき

この個人賠償責任保険は、単体でも販売されている保険商品ですが、自動車保険や火災保険、生命保険などに「特約」として付与されていることが多いです。
では、個人賠償責任保険に加入している場合、どういった人が利用できるのでしょうか。

個人賠償責任保険の適用範囲は?

個人賠償責任保険を利用できる人は、一般的に以下のとおりとなっています。

・本人(記名被保険者=契約書に名前が書いてある人)
・本人の配偶者
・本人または配偶者と同居している親族
・本人または配偶者と同居している”未婚の子供”

契約者本人だけではなく、その配偶者や同居の親族、未婚の子までがカバーされるので、意外と利用できる人の範囲は広いと思います。

交通事故でも個人賠償責任保険は使えるの?

では、交通事故を起こして損害賠償義務を負った場合、個人賠償責任保険を利用することができるのでしょうか。

結論からいうと、「YES」でもあり「NO」でもあります。
まず、「自動車」事故を起こしてしまった場合について説明します。
基本的に個人賠償責任保険は、「自動車事故以外の事故」を対象としているため、自動車事故で加害者になった場合には利用できません。これは、原付バイクや自動二輪車の場合でも同様です。
さらに、「他人の車を運転していて事故を起こした場合」にも個人賠償責任保険は使えません。車の所有者が契約している保険を使うか、「他車運転者特約」を利用することになります。

これに対し、「自転車」による事故には利用できることが一般的です。
ですから、自転車に乗っていて事故を起こしてしまった場合には、加入ている個人賠償責任保険があるかを確認すべきことになります。
またも、自転車事故の被害者になった場合には、加害者に対し、個人賠償責任保険に加入しているかどうかを調べるように求めることが重要になります。

○交通事故で個人賠償責任保険が使えるケース
・「自転車」事故で相手に怪我をさせた

○個人賠償責任保険が使えないケース
・自動車を運転していて怪我、損害などを与えた
・原付バイクや自動二輪を運転していて他者に怪我や損害を与えた
・他人の車を運転していて、事故を起こしてしまった

個人賠償責任保険で支払われるものは?

「自転車」事故の加害者になってしまった場合、以下のものが支払の対象となります。

・治療費
・通院の交通費(主に公共交通機関)
・(仕事ができない場合)休業補償
・慰謝料
・死亡や後遺症に対する逸失利益
・壊したものの修理費用、復旧費用
・(会社やお店を休業させた場合は)休業補償
・復旧までの間の宿泊費等

ここで注意したいのが「弁護士費用や、訴訟費用」です。個人賠償責任保険に「弁護士費用に関する記載」があれば、これらも補填の対象になります。
また、弁護士については保険会社に紹介してもらった弁護士だけではなく、自分自身で選んだ弁護士にも認められます。事前に保険会社へ相談してみましょう。

近年では自転車による事故でも、多額の損害賠償を請求される事例が目立ちます。そのため、自転車による交通事故への対応策として、個人賠償責任保険はおすすめです。