任意保険基準とは

1 交通事故の場合の損害の算定

 交通事故が発生した場合、被害者の方には様々な損害が生じます。自動車同士の事故であれば、自動車の修理代がかかりますし、事故で怪我をしてしまった場合は、入通院に要する治療費がかかります。

 交通事故による損害を算定する指標には、次の3つがあります。

 ① 自賠責保険基準

 ② 任意保険基準

 ③ 裁判・弁護士基準

 これらの関係について確認していきましょう。

 

2 自賠責保険基準

 交通事故によって生ずる損害には、様々な項目がありますが、この中には、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料など、様々な要素を評価して金額を算定する損害項目があります。

通常、損害の算定は、裁判所の判例なとを基礎にして行われるべきものですが、自賠責保険の支払額の詳細な基準は、金融庁と国土交通省が定める「自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準」に定められています。そして、自賠責保険は最低保障を目的とした保険であるため、裁判基準と比べるとかなり低い基準となっています。また、支払い限度額も傷害に関する部分で120万円、後遺障害に関しては、等級により75万円から4000万円、死亡保険金は3000万円が上限となっています。

 また、自賠責保険の場合、被害者に過失があった場合でも、その過失割合が7割未満であれば、過失割合を理由とした減額はなされません。

 なお,自賠責保険の補償の対象は原則として人的損害のみであり,物損への補償はありません。

 

3 任意保険基準

 任意保険は,自賠責保険から支払われる保険金を超過した損害額を支払うための保険であり,その支払い基準は,各保険会社が独自に決定しています。

 その基準は,自賠責保険の上乗せという性格があるものの,傷害慰謝料・後遺障害慰謝料および入院雑費などの基準は,裁判基準と比較して低額になっています。その反面,軽微な事故等においては裁判等をせずに早期・確実に賠償金の支払いを受けられるというメリットがあります。

 ただし,この基準は,あくまで示談交渉時の一応の基準ですので,裁判等で損害が認定されれば,加入保険金を上限として全額支払われることになります。

 なお,任意保険基準は,被害者に過失がある場合,その過失割合に応じて賠償額が減額されます。

 

4 裁判・弁護士基準

 交通事故については,多くの裁判例が蓄積されています。これらの裁判例を財団法人日弁連交通事故相談センターが調査・分析し,公表したものが裁判・弁護士基準です。

 具体的には,財団法人日弁連交通事故相談センター本部が発行する「交通事故損害額算定基準」,または財団法人交通事故相談センター東京支部の発行する「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」が代表的ですが,これらの基準の内容は年々詳細化され,裁判官もこの基準を参考にしています。

 ただし,ここで公表されている基準はあくまで一応の目安であり,現実の訴訟における慰謝料等については,事故状況等の事情により増減する可能性があることを認識しておく必要があります。