症状固定前の合意は?

1 示談交渉のタイミング

 交通事故にあった場合,加害者側から賠償金を受け取ることができます。

 個々の被害者のおかれている状況にもよりますが,なるべく早く賠償金を受け取りたいとお考えの場合もあると思います。しかし,慌てて示談してしまうと,十分な賠償金を受け取れなくなってしまう場合もあります。

 一般的には,交通事故で怪我をした場合の示談交渉は,「症状固定」してから始めるのが一般的ですが,その前に合意(示談)してもいいのでしょうか。

 

2 症状固定とは

 症状固定とは,治療を継続しても,症状の改善が見込めない状態に達したことをいいます。

 交通事故によって怪我を負った場合,怪我の治療やリハビリを継続することによって,徐々に症状が軽くなっていきます。しかし,ある程度の期間が経過しても,症状が完治せず,これ以上治療を継続しても良くならない状態になってしまうことがあります。この状態を,症状固定というのです。

 症状固定後に残った症状のことを「後遺障害」といいます。

 

3 症状固定の前後でなにが変わる?

 症状固定の前後で,交通事故の加害者側に請求できる損害項目が違います。

 症状固定という概念は,その前後の慰謝料などの賠償金を区別して算出するためのものです。症状の改善がこれ以上見込めない(=症状固定)ということは,法的には「治療の終了」ということになります。したがって,症状固定後は治療をしても効果がないということになるので,それ以降の治療費等は,請求できなくなります。

 また,後遺障害が残った場合,障害の程度(後遺障害等級)に応じて逸失利益や後遺障害慰謝料を請求することができますが,その前提として,後遺障害認定の申請をして,後遺障害等級認定を受ける必要があります。後遺障害等級の認定手続きでは,症状固定後に,調査・審査を行います。よって,まずは症状固定しないと,後遺障害認定の申請は行えません。

 

 ①事故日~症状固定日の間に発生する損害

  ・怪我の治療費

  ・入院雑費

  ・通院のための交通費

  ・負傷のため働けなかったために得られなかった収入(休業損害)

  ・入通院慰謝料

 

 ②症状固定後(後遺障害が残った場合)に発生する損害

  ・後遺障害が残ったことにより得られなくなった収入(逸失利益)

  ・後遺障害が残ったことに対する慰謝料

 

4 症状固定前の示談はするべきか?

 上記のとおり,症状固定後,後遺障害等級が決まらないと,正確な損害額の計算ができないので,原則として示談交渉は症状固定後に行います。なお,損害賠償の一部として,先に治療費の一部や,物損分の損害を受け取ることは,よくあります。

 それでは,症状固定前に示談をすることはできないのでしょうか。

 法律上,いつ示談しなければならないということがきめられているわけではありませんので,症状固定前に示談することも可能です。

 しかし,この段階では,いつ症状固定となるのかや,症状固定後どのような後遺障害が残るかが分からないため,示談の前提となる損害額を決めることが極めて難しいです。

 だからといって,症状固定後,重い後遺障害が残ると想定して高額での示談を持ちかけても,加害者側は応じないでしょう。反対に,少額での示談であれば加害者側も応じるかもしれませんが,症状固定後に重い後遺障害が残り,本来ならばもっと高額の賠償金を受け取ることができたのに,という事態になりかねません。

 したがって,賠償についての合意は,症状固定後にすべきといえます。