交通事故同乗者も運転者に損害賠償請求できる?

1 同乗者がいるときに事故が起きてしまったら?

 家族や友人など,自分以外の誰かが運転する車に乗せてもらっているときに,不運にも交通事故に巻き込まれてしまう場合があります。同乗者が死傷してしまうこともありますが,この場合に,同乗していた被害者は,誰に対して,治療費や慰謝料を請求すればよいのでしょうか。

 

2 運転者にのみ損害賠償請求できる場合

 交通事故に遭った際に,誰に損害賠償を請求できるかは,事故の関係者に,事故を引き起こしたことについて「過失」があるか否かで決まります。交通事故の発生について過失がある者には「不法行為」が成立するため,損害賠償を請求できます。反対に,過失がない者には不法行為が成立しませんので,損害賠償の請求ができません。

 したがって,同乗していた車の運転者のみに事故を発生させたことについての過失がある場合には,同人のみに損害賠償を請求することができます。

 例えば,完全に止まっている車に同乗している車が追突し,その衝撃で同乗者が怪我をした場合や,相手の車が信号を守っているのに同乗している車が信号無視したために衝突し,その衝撃で同乗者が怪我をした場合には,運転者のみに過失があると判断される可能性が高いです。したがって,このような場合は運転者のみに損害賠償を請求できます。

 

3 事故の相手にのみ損害賠償請求できる場合

 上記と逆に,事故の相手にのみ,事故を起こしたことについて過失がある場合には,事故の相手にのみ損害賠償を請求できます。

 

4 運転者と事故の相手の両方に損害賠償請求できる場合

 運転者と事故の相手の両方に,事故を起こしたことについて過失がある場合には,両者に対して損害賠償を請求できます。たとえば,信号機の設置されていない交差点における出会い頭の事故の場合には,運転者と事故の相手の両方に過失があるので,両者に対して損害賠償請求ができます。

 

5 両者に請求できる場合,どちらにどれだけ請求するべきか

 両者に請求できる場合というのは,上記のとおり両者の行為が不法行為となる場合です。このような場合,両者は,同時に,そして2人ともの行為が原因となって被害を加えているので,両者の行為には「共同不法行為」が成立します。共同不法行為とは,複数の人間の関与によって,誰かに権利侵害の結果を発生させ,損害を与える現象のことです。

 共同不法行為が成立する場合,加害者の1人だけに全額の賠償を求めることも,加害者全員に順次または同時に一部または全額の賠償を求めることもできます。

 

6 損害賠償額が減額される場合

 同乗していた被害者にも,事故を起こしたことや、損害を拡大させたことについて過失が認められる場合には,同乗していた車や相手の車の運転手に対して損害賠償を請求できる金額が制限されることになります。

 たとえば,同乗者がシートベルトを着けていなかった場合,運転者に危険な運転をするよう指示した場合には,被害者にも事故を起こしたことについて過失が認められ,損害賠償額が減額される可能性があります。