交通事故に本人訴訟は?

はじめに

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。

 

横断歩道を渡っているときに左折してきた車にはねられました。幸いにも後遺症などは残らず、軽傷で済みましたが精神的に苦痛を受けたので慰謝料を請求したいと考えています。その際、弁護士に依頼しようかと考えましたが、損害賠償額がそこまで高額ではなく、弁護士に依頼したら費用倒れするおそれがあるので自分で訴訟を起こそうと思います。その場合、どのような手続きをすればいいですか?

 

 

弁護士に依頼せず、自力で裁判を起こして解決することを「本人訴訟」といいます。

少し前までは裁判の諸手続きは、弁護士や司法書士に依頼して行っていましたが、最近では裁判手続きについてインターネットで調べ、専門家に頼らずに自ら訴訟を起こすケースも増えてきました。

 

 

本人の判断で訴訟をするデメリット

裁判による紛争の解決を弁護士に任せると、弁護士費用を支払う必要があります。損害賠償額が低額の場合、弁護士費用の方が高額になってしまい、自分で訴訟を起こすしかないケースもあり得ます。

もしも請求金額が60万円未満なら、手続きが簡略化され、審理を1回で済ませられる少額訴訟手続を利用して解決を図ります。少額訴訟ではなく、通常の訴訟を提起する場合は、手続きにやや手間がかかります。

 

本人訴訟は、弁護士に依頼して行う通常訴訟よりも勝率が低い傾向にあります。法的な争点を正確に把握した上で、自らの主張をどのように展開していけばいいのかなど、裁判そのものが法律に詳しくない人にとって分かりづらいことが多いからです。少しでも裁判に勝つ確率を上げたいのであれば、本人訴訟よりは弁護士に相談しながら裁判に対応すると良いでしょう。

 

 

弁護士に相談しながら訴訟を提起する

弁護士費用をかけられなくて本人訴訟をせざるを得ない場合、弁護士に「依頼」するのではなく「相談」しながら進めていく方法をおすすめします。訴状の作成、提出、答弁書の作成、口頭弁論まで、裁判に関する手続きを弁護士によるアドバイスを受けながら、すべて本人が行う方法です。これなら疑問に思ったことを気軽に弁護士に相談できます。裁判にあたって、法律的な争点、心構えなど、法律に詳しくない人でも弁護士ならわかりやすく教えられます。右も左もわからないような状態でいきなり裁判を起こすよりは、弁護士は心強いサポーターになるはずです。

 

 

本人訴訟をする前に弁護士に相談を

交通事故を解決するためには、保険会社との示談交渉からはじまり、話し合いがまとまらなければ訴訟を提起します。まずは保険会社と示談交渉を行い、それでも納得のいく結果が得られそうもなければ、まずは弁護士にご相談ください。弁護士が依頼者に代わって保険会社と交渉を進めていくことができます。

 

それでも示談での解決ができず、本人訴訟を行いたい場合も、弁護士に相談しながら手続きを進めましょう。