過失割合を決めるのは誰?

はじめに

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。

 

保険会社から提示された過失割合に納得がいきません。そもそも過失割合は保険会社が勝手に決めていいものなのでしょうか?被害者が反論すれば過失割合は変更してもらえるのですか?

 

過失割合は、被害者がどれだけ賠償金を受け取れるかを決めるときに考慮されるとても重要な要素です。これを決めるのは警察でもなければ保険会社でもありません。

では、過失割合は誰が、どのようにして決まるのでしょうか?

 

過失割合はどのようにして決まるか

過失割合を決めるとき、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という書籍に記載されている事故類型別の過失割合を参考にします。過去の裁判例をもとに作成されたもので、わが国における過失割合の一般的な基準として、裁判所、保険会社、弁護士などが利用しています。そこから似たような類型を参考にして、事故の態様や現場の状況など、個別の修正要素を考慮して具体的な過失割合を決めます。

 

 

過失割合次第で受け取れる損害賠償金額が変わる

例えば、被害者に生じた損害額が500万円だったとき、過失割合が加害者と被害者で80:20だったとすれば、被害者が受け取れるのは、損害額から2割減額された400万円になります。被害者としては、全損害を加害者に賠償して欲しいのが本音かもしれません。

 

しかし、被害者にも何らかの過失があったゆえに事故が起きるケースがほとんどです。「青信号で横断歩道を渡っているときに衝突された」とか「停車中に追突された」などの場合でない限り、被害者側が過失ゼロになることは滅多にありません。

 

たとえ被害者に過失が認められても、被害者の過失割合が少なければ受け取れる賠償金は多くなります。被害者の過失割合が大きいため、納得のいく賠償金を得られなかったケースは珍しくありません。示談交渉でできるだけ過失割合を下げてもらう必要があります。

 

 

過失割合は話し合いで決まる

「保険会社が『決めた』過失割合に納得がいかない」とご相談を受けることがありますが、保険会社には過失割合を決定する権限はありません。あくまで「これくらいの過失割合でどうですか?」という「提案」にとどまります。

 

保険会社は、警察が作成した実況見分調書などの刑事記録、加害者から聞いた事故の状況をもとに過失割合を割り出します。そして、加害者は、保険会社に対し、自分に都合が良く、被害者に大きな過失があるかのように事故の状況を報告するものです。そうした話を聞いた上で割り出される過失割合ですから、被害者が納得できないのも無理はありません。

 

過失割合を確定させるには、加害者と被害者の合意が必要です。保険会社が提示した過失割合に納得がいかないときは、その場で合意せず、弁護士に相談することをおすすめします。

 

 

過失割合に納得がいかないときは弁護士に相談を

交通事故に詳しくない方が、「過失割合を変えてほしい」と保険会社に伝えても、変更に応じてもらえることは、まずありません。交通事故に詳しい弁護士なら、過失割合を変えるべき根拠を主張できるので、被害者にとって不利な過失割合を交渉次第で変更してもらえる可能性があります。それでも過失割合が決まらなければ、訴訟を提起し、裁判で決着をつけます。

 

保険会社から提案された過失割合に納得がいかない、あるいは本当にこの過失割合が妥当なのかどうか知りたい方は、弁護士にご相談ください。