後遺障害等級認定1級と2級の違い

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。

 

息子が青信号で横断歩道を渡っているとき、信号無視をした車にはねられました。頭部を強く打ったため、脳に障害が残っており、医師からは「寝たきりになる可能性がある」と言われています。

ネットで調べたところ、重度の障害が残れば後遺障害の認定が受けられることが分かりました。しかし、介護を要する状態である場合に、1級と2級のどちらに認定されるのかよくわかりません。1級と2級ではどのような違いがあるのでしょうか?

後遺障害等級の認定を受けると、等級に応じて保険会社に対して損害賠償を請求できます。介護を要する後遺障害は1級と2級がありますが、この区別が分かりにくいかもしれません。ここでは、介護を要する後遺障害等級の1級と2級の違いについて詳しく説明します。

 

後遺障害等級はどのようにして決まるか

後遺障害等級は、医師が作成した後遺障害診断書などの書類を、自賠責損害調査事務所が審査して決定します。診断書には「第〇級×号に該当する」とは記載されないので、残存している症状について正確かつ具体的に記載してもらう必要があります。

 

後遺障害等級認定1級と2級の違い

 

①介護の違い

第1級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

   胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

第2級 神経系統の機能又は精神的に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

   胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

 

このように、1級と2級の違いは、必要な介護の程度が、「常に」なのか、「随時」なのかにあります。

症状の違いを簡単に示すと、1級は、寝たきりで、身の回りの世話をすべて介護者が行わなければならない状態があたります。遷延性意識障害や脊髄損傷などの場合には1級になることが多いです。

2級は、自分の意思で体を動かせるものの、介護者がいなければ食事や排せつ等の日常生活に支障が出る状態といえると思います。軽症の脊髄損傷の場合、重度の高次脳機能障害の場合などが2級と認定されることが多いです。

 

ただ、どちらも要介護状態にありますし、労働能力の喪失率も100%であることも同じです。

 

②自賠責保険金の違い

後遺障害等級が1級と認定された場合の自賠責保険金の上限額は4,000万円、第2級の上限額は3,000万円です。このように自賠責保険金に1,000万円の差があります。

 

介護が必要な状態になるほどの重篤な症状が残ったのに、この金額しか受け取れないのは、被害者にとっては酷ではないでしょうか。

しかし、ご安心ください。これはあくまでも自賠責保険金の支払い上限額であり、被害者が加害者や保険会社に請求できる賠償金の額とは異なります。1級や2級に該当するほどの重篤な後遺障害が残った場合には、もっと高額な賠償金を受け取ることが可能です。

等級認定を受ける前にまずは弁護士に相談を

後遺障害等級の認定は、手続きが煩雑で、治療に専念したい被害者やその家族の手を煩わせることがあります。この場合に、弁護士に依頼しておけば、書類の準備や手続がスムーズに進むはずです。

また、損害賠償の手続においては、保険会社と示談交渉をすべきか、裁判を起こすべきかといった判断は、弁護士に任せた方がよいと思います。また、弁護士は過去の裁判例をもとにかなり高い水準で金額が設定されている「裁判所基準」をもとに請求金額を計算します。将来的に経済面で不安を感じない解決をするためにも、弁護士に依頼しておくことは重要だと思います。

遷延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害などの障害を負った場合は、慎重な対応が必要ですから、弁護士までお気軽にご相談ください。