後遺障害の認定結果に不満がある場合の対処方法、注意点

交通事故の被害に遭い、後遺症が残ってしまった場合、「後遺障害」として認定されれば、自賠責保険金を受け取ることができます。
しかし、後遺障害の認定手続は簡単ではありません。本来の症状よりも低い等級で認定されたり、非該当(後遺障害として認定されない)と判断されることもあります。こういったケースでは、被害者が十分な保障を受けられないため、その後の人生に悪影響が生じる可能性が高くなります。
そのため、後遺障害の認定結果に納得できない場合は、再度、後遺障害について審査するように求め、正しい認定を受ける必要があります。

後遺障害等級認定の異議申立ての方法とは?

後遺障害等級認定の異議申し立てには、以下3つの方法があります。

1.自賠責保険会社に対する「異議申し立て」
2.自賠責保険・共済紛争処理機構に対する「紛争処理申請」
3.訴訟(裁判)

それぞれ順に見ていきましょう。

1.自賠責保険会社に対する「異議申し立て」

後遺障害の認定に対する不服申し立て手続の中で、最も一般的な方法です。
自賠責保険会社に対して異議申し立ての手続を行い、再度、後遺障害について審査するように求めます。異議申し立てには費用がかからず、回数制限もありません。納得がいかなければ何度でも審査を求めることが可能です。

異議申し立ての手続を行う保険会社は、原則として自賠責保険会社です。
ただし、当初の後遺障害の認定手続で、「被害者請求」ではなく、「事前認定」を選択していた場合には、任意保険会社に対しても手続を行うことができます。

・事前認定…相手方の任意保険会社が自賠責保険の治療費などを立て替え、なおかつ後遺障害等級認定の認定手続きも行う
・被害者請求…被害者側から直接、自賠責保険会社に対し、後遺障害等級認定を申請する方法

後遺障害の認定手続について、任意保険会社に任せるか、被害者本人で行うかで違いがあるのです。ちなみに、被害者請求のほうが納得できる認定結果を得られる可能性が高いと考えて下さい。

異議申し立ての手続は、事前認定を選択していれば、自賠責保険会社だけでなく、「任意保険会社」に対しても行うことができます。被害者請求を選択していれば、「自賠責保険会社」に対して申し立てることになります。
なお、自賠責保険会社は、請求の受付と保険金の支払を行うだけで、実際の審査は「自賠責損害調査事務所」という機関で行われます。

2.自賠責紛争処理機構へ審査の申請

後遺障害の認定結果に対する異議申し立てを行ったけれど、なおも納得できる結果が得られない場合は、「自賠責保険・共済紛争処理機構」の判断を求める方法もあります。
こちらも申請に費用は必要ありません。

自賠責保険・共済紛争処理機構は、自賠責保険の審査を行う自賠責損害調査事務所とは別の独立した組織です。東京と大阪に設置されており、自賠責保険の認定(後遺障害・過失など)について最終的な判断を下します。

自賠責保険・共済紛争処理機構は、弁護士、医師などで構成される「紛争処理委員会」が、自賠責保険の認定内容について審査します。審査においては、被害者や自賠責保険会社から提出された資料、自賠責紛争処理機構が独自に集めた資料に基づき、書面審査が行われています。

この自賠責紛争処理機構への申立てで、それまでの後遺障害等級認定が覆る可能性は十分にあります。ただし、自賠責紛争処理機構への異議申立ては「被害者ごとに原則1回」しか認められていません。さらに、結果に対する不服申し立てなども受け付けられません。
そのため、弁護士などと相談しながら、申立てを行うべきでしょう。

3.訴訟(裁判)を起こす

自賠責保険や自賠責保険・共済紛争処理機構の認定結果に納得できない場合は、訴訟を提起し、裁判手続の中で争うことも可能です。つまり、裁判の手続の中で、被害者が求める後遺障害の等級などを主張・立証し、裁判所に判断してもらうのです。
ただし、裁判ですので、費用や時間がかさむ可能性があることは覚えておいてください。
また、裁判では、既に自賠責保険で認定されている等級よりも低い等級が認定されてしまう可能性もあります。このことを十分に考慮して、後遺障害の認定に詳しい弁護士と連携することが重要だと思います。

異議申し立ての流れと注意点

では、前述した3つの方法のうち、一般的にとられることが多い『自賠責保険会社に対する「異議申し立て」』について、流れや注意点を解説します。

異議申し立ての流れ

・資料収集・異議申立書の作成
すでに提出した資料、追加で提出する資料に不備がないかをチェックします。
次に、これらの資料に基づいて、被害者側の主張を「異議申立書」にまとめます。

・異議申立書の提出
異議申立書と裏付けとなる資料を提出します。
既に述べたように、事前認定の場合は任意保険会社か自賠責保険会社、被害者請求の場合は自賠責保険会社に提出します。

・審査と結果の通知
提出された異議申立書と資料に基づいて、自賠責損害調査事務所が再審査を行います。通常は2~3ヶ月程度で結果が出ますが、高次脳機能障害などの認定が難しい後遺障害については半年程度の期間がかかる可能性もあります。

異議申し立て時の注意点

異議申し立てを成功させるには、以下の点に注意しましょう。

・前回の申請時の書類に、不備がないかをしっかりチェックする。
・主治医の協力を得て、自賠責保険の認定結果に対する意見を出してもらう。
・後遺障害の認定に詳しい弁護士に相談・依頼する。

まとめ

後遺障害に関する異議申し立ての手続においては、一度認定された結果を覆し、後遺障害として認定してもらったり、より上の等級を認定してもらうことが目的となります。
これを達成するには、しっかりと書類を検討し、追加でどういった書類が必要なのかを割り出し、それを使って論理的な主張を行わなくてはなりません。
こういった一連の手続きには、専門知識と実績のある弁護士の力が必要だとお考え下さい。