後遺障害等級の申請方法について

はじめに

交通事故で負傷し、相当な治療を続けた後に、「これ以上の回復は見込めない」という状態に達することがあります。

この状態に達したことを「症状固定」といい、主治医に後遺症について診断を受けることになります。

 

後遺症の内容や程度によっては後遺障害として認定することを求めることが可能です。

その申請方法について詳しくご紹介します。

 

 

後遺障害とは

後遺障害は、症状によって1~14級までの等級に類型化されています。そして、この等級に応じて労働能力喪失率や慰謝料が決められています。

そして、後遺障害等級の認定を受けられれば、高額な慰謝料などを請求できようになります。

 

ただ、すべての後遺症が等級の認定を受けられるわけではありません。

認定されなかった場合は、後遺症について慰謝料が支払われません。納得のいく等級認定を受けるためにも、入念な準備が必要です。

 

 

後遺障害等級の申請方法

後遺障害の申請には、保険会社が手続きを行う「事前認定」と被害者が自ら手続きをする「被害者請求」という2つの方法があります。

 

 

事前認定

事前認定は、加害者が加入する保険会社が被害者に代わって手続きを行うものです。

 

手続きを保険会社が代行してくれるため、多くの被害者はこの事前認定を選んでいます。

後遺障害を認定する損害調査事務所とのやり取りも保険会社がしてくれ、申請結果の通知も保険会社を通じてなされます。

申請に必要となる書類の準備なども保険会社主導で行われるので、被害者の負担はかなり軽減されます。

 

しかし、保険会社を通じて申請するのはお勧めできません。

保険会社は、支払う示談金を少なくしたいため、被害者にとって有利な資料を積極的に収集しない可能性があるのです。

 

 

被害者請求

被害者請求は、文字通り、被害者が認定手続きを行う方法です。

被害者が自分で、医療機関からCT、MRI、レントゲン写真などの資料を入手し、医師に作成してもらった後遺障害診断書などとともに加害者が加入する自賠責保険会社に提出します。

 

被害者が自分で資料を集める必要があるため、十分な資料が用意できているかどうかを精査したうえで申請できます。

事前認定より手間がかかりますが、被害者にとって有利な資料を十分に用意できる分、高い等級認定を受けられる可能性もあります。

面倒でも被害者請求で後遺障害の申請を行うべきでしょう。

 

 

申請結果に納得がいかない場合は異議申し立てをする

等級認定の結果に異議がある場合は、異議申し立てを行いましょう。

事前認定の場合は任意の保険会社へ、被害者請求の場合は自賠責保険会社に対して手続きを行います。

異議申立の段階から被害者請求に切り替えることもできます。

異議申立では、前回の認定結果を覆すため、新たな診断書などを提出することが必要になります。

 

異議申し立ては被害者側が不服に感じている理由を具体的に説明し、

判断の見直しを求める点で、事前認定よりも被害者請求の方が最適と言えます。

 

 

後遺障害の等級認定については弁護士に相談を

被害者請求をおすすめしましたが、手続きそのものが煩雑で被害者の負担が大きいのが唯一のデメリットです。

そこで、交通事故に詳しい弁護士なら、手続きを代行できるだけでなく、その後の保険会社との示談も弁護士に任せられるので、

被害者の手間が大幅に軽減されます。

後遺障害等級の申請についてご不明なことがあれば、交通事故に詳しい弁護士にお気軽にご相談ください。